スポーツネタを書いていくつもりです


by ysm-k

<   2007年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

東京六大学野球の秋季リーグ戦最終日は30日、神宮球場で早大・慶大3回戦が行われ、早大が序盤の集中打と機動力で3連投の慶大・加藤幹(4年・川和)を攻略して快勝、3季連続40回目の優勝を果たした。早大先発の斎藤(1年・早実)は、15奪三振の好投で初完封。春秋連続の最多勝タイとなる4勝目を挙げ、防御率0.78も断然1位の活躍で、通算30勝を挙げた加藤幹を抑え、2季連続でベストナインも射止めた。最終順位は2位が明大で慶大は3位。法大4位、立大5位、東大6位となった。

 首位打者は早大の田中幸長(4年・宇和島東)が56打数22安打(打率3割9分3厘)で獲得。毎日新聞社からブロンズ・トロフィーが贈られた。田中幸は本塁打、打点でもトップで01年春の鳥谷敬(早大-阪神)以来、戦後12人目の打撃3部門トップの成績を記録。
[PR]
by ysm-k | 2007-10-31 08:10 | 野球
レッドソックスが4連勝で4年ぶり7回目のワールドチャンピオンに輝いた。1回、オルティスの適時打で先制すると、その後もローウェル、キルティの本塁打などで加点。8回に岡島秀樹投手(31)が2ランを被弾したが1点差で逃げ切った。MVPにはマイク・ローウェル内野手(33)が選ばれた。
ロッキーズ松井稼頭央内野手(32)は「1番二塁」で先発出場。第2打席で左二塁打を放ったが、4連敗で涙を飲んだ。

レッドソックス・フランコーナ監督「ベテランが若手のように働き、若手はベテランのように落ち着いてプレーした。簡単ではなかったが、やり遂げて満足している」

 ロッキーズ・ハードル監督「この4試合すべてで、われわれ以上に相手の方がやるべきことをやったということ」

レッドソックス・松坂大輔投手「2月のフロリダに始まり、長かったですけど、(優勝に)たどり着けてよかった。負けそうでも負けない、本当に強いチーム。ここにいられて幸せです。応援も力になった。たくさんの人に感謝したい」

レッドソックス・岡島秀樹投手「本当に長い1年だった。最後はいっぱいいっぱいだった。気持ちで抑えたかったけれど(2試合連続本塁打を浴び)悔しかった。でも来年に向けての課題ができたと思う」

 ロッキーズ・松井稼頭央内野手「この悔しさを十分感じて、来年しっかりやっていきたい。最後までユニホームを着られて感謝もあるし、チームとして負けた悔しさもあります。いろんな1年でした」
[PR]
by ysm-k | 2007-10-29 22:03 | 野球
米大リーグを代表する強打者でヤンキースの主砲アレックス・ロドリゲス内野手が28日、今季限りで退団する見通しになった。ロドリゲスが2001年からの総額2億5200万ドル(当時約282億円)10年契約の途中解除を決定したと、代理人が明らかにした。

 代理人のスコット・ボラス氏によると、契約の途中解除を選択したことにより、ロドリゲスは7200万ドル(約82億円)を失うが、フリーエージェント(FA)になるという。

 ボラス氏はまた、抑えのリベラ投手やポサダ捕手らの来季残留が不透明なため、ロドリゲスが決断した、と説明した。
[PR]
by ysm-k | 2007-10-29 22:02 | 野球
ボストン・レッドソックスの松坂大輔投手は、本拠地フェンウェイ・パークで行われたクリーブランド・インディアンスとのア・リーグ優勝決定シリーズ第7戦に先発登板。勝てばリーグ優勝、負ければシリーズ敗退という天下分け目の大一番で5回まで2失点と好投した。また、松坂からマウンドを引き継いだ岡島秀樹投手も2回0/3を無失点に抑えた。レッドソックスは11-2でインディアンスを下し、3年ぶり12度目のリーグ優勝を成し遂げた。

         1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
インディアンス 0 0 0 1 1 0 0 0 0 2
レッドソックス 1 1 1 0 0 0 2 6 x 11
勝利投手 松坂(1勝1敗0S)
セーブ パペルボン(1勝3敗1S)
敗戦投手 ウェストブルック(1勝1敗0S)
本塁打 Rソックス: ペドロイア 1号2ラン、ヨーキリス 3号2ラン
インディアンス:

投手リレー Rソックス: 松坂、岡島、パペルボン
インディアンス: ウェストブルック、ベタンコート、ルイス
スタジアム フェンウェイ・パーク
[PR]
by ysm-k | 2007-10-22 13:19 | 野球

ねこ鍋

ねこ鍋
http://www.nicovideo.jp/watch/sm772924

朝、テレビでやってました。
11月に写真集が出るとの事。
[PR]
by ysm-k | 2007-10-20 08:41
日本代表最終候補選手

投手(15名)
ダルビッシュ 有(日本ハム)
武田 久(日本ハム)
武田 勝(日本ハム)
渡辺 俊介(ロッテ)
小林 宏之(ロッテ)
成瀬 善久(ロッテ)
杉内 俊哉(ソフトバンク)
涌井 秀章(西武)
加藤 大輔(オリックス)
上原 浩治(巨人)
高橋 尚成(巨人)
川上 憲伸(中日)
岩瀬 仁紀(中日)
藤川 球児(阪神)
長谷部 康平(愛知工大)

捕手(4名)
里崎 智也(ロッテ)
阿部 慎之助(巨人)
矢野 輝弘(阪神)
相川 亮二(横浜)

内野手(8名)
西岡 剛(ロッテ)
川崎 宗則(ソフトバンク)
小笠原 道大(巨人)
荒木 雅博(中日)
井端 弘和(中日)
村田 修一(横浜)
新井 貴浩(広島)
宮本 慎也(ヤクルト)

外野手(7名)
稲葉 篤紀(日本ハム)
サブロー(ロッテ)
多村 仁(ソフトバンク)
和田 一浩(西武)
高橋 由伸(巨人)
森野 将彦(中日)
青木 宣親(ヤクルト)

日本代表・星野仙一監督「28人から30人に絞りたかったが、まだ日本シリーズなどが残り、この先に何が起こるか分からない。少人数だと危険だと思い、34人にした。長谷部はプロの左投手と比較しても同等か、それ以上に値するとの見解で一致した」

 愛知工大・長谷部康平投手「びっくりしています。プレ五輪で思い切った投球ができたことが評価されたと思う。まわりはすごい人たちばかりなので、ついていけるように一生懸命頑張りたい」
[PR]
by ysm-k | 2007-10-13 08:29 | 野球
11日のプロボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチで敗れた上、悪質な反則行為をした亀田家二男・大毅(18)=協栄=ら亀田陣営に対し、日本ボクシングコミッション(JBC)が厳重な処分を検討していることが12日、分かった。過去2度の処分を受けているトレーナーの父・史郎氏(42)は3か月以上のライセンス停止処分が濃厚。大毅の世界戦惨敗に続き、司令塔の危機で亀田家が大ピンチに陥った。

(スポーツ報知)記事全文
[PR]
by ysm-k | 2007-10-13 08:29 | 格闘技
日本ハムの大社啓二オーナー(51)、藤井純一球団社長(58)が12日、来季監督の就任を要請した元近鉄監督の梨田昌孝氏(54)=野球評論家=と都内で会談。梨田氏の監督就任が事実上決まった。

(サンケイスポーツ)記事全文
[PR]
by ysm-k | 2007-10-13 08:27 | 野球
     1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
ヤクルト 0 0 3 0 1 0 0 0 0 4
巨人   0 0 1 2 0 0 0 0 2x 5
[勝]野間口 7試合 4勝
[敗]館山 42試合 3勝 12敗 5S
本塁打 [ ヤクルト ] ラミレス 3回 29号3ラン
[ 巨人 ] ゴンザレス 3回 3号ソロ、李 4回 30号2ラン

バッテリー [ ヤクルト ] 石川、藤井、シコースキー、館山、花田 - 川本
[ 巨人 ] 内海、木佐貫、野間口 - 阿部

◆巨人―ヤクルト(2日・東京ドーム) 巨人が劇的な逆転サヨナラ勝ちで、5年ぶり通算40度目のリーグVを決めた。1点ビハインドの9回、2死満塁から清水が遊撃内野安打。遊撃手・宮本が一塁へ悪送球する間に、一気に2者が生還。優勝は1リーグ時代9度、2リーグ制後は31度目。原監督はグラウンドで3度宙に舞った。巨人は日本シリーズ進出権をかけ、クライマックスシリーズ第1ステージの勝者と、18日から東京ドームで同シリーズ第2ステージを戦う。

巨人・原辰徳監督「今年のゲームを象徴するように選手が粘り強く戦ってくれた。(4年間優勝を逃した)悔しさをしっかりぶつけて戦ってくれた。みんなの力を結集し、この日を迎えられた。今後もあるが、少しは優勝奪回に酔いたい」

川上哲治・元巨人監督「私たちOBだけでなく、ファンにとっても、4年間の優勝ごぶさたは長かった。「チーム愛」でまとめた原采配(さいはい)が、混戦のレースを制する原動力になった。この勢いでプレーオフ、日本シリーズも勝ち抜いてほしい」

豊蔵一・セ・リーグ会長「攻守とも高いレベルでバランスが取れていました。まさに総合力の勝利でした。2年連続でBクラスに終わったチームを立て直し、ペナントを奪回した原監督の采配(さいはい)に敬意を表します」


[PR]
by ysm-k | 2007-10-03 07:46 | 野球