スポーツネタを書いていくつもりです


by ysm-k

<   2006年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

巨人3位転落今季ワースト12失点

◆日本ハム12-2巨人(30日・札幌ドーム) 巨人が今季ワーストの12失点で5連敗。中日に抜かれて、3位に転落した。先発の内海が初回に2発を浴びて、いきなりの4失点。6回途中7失点でKOされ、リリーフ陣も痛打された。打線も小久保、李承ヨプのソロによる2点だけで、ダルビッシュに完投を許した。ここ10戦は、これで2勝8敗。投打の歯車がかみ合わず、首位・阪神とは1・5ゲーム差に開いた。

 屈辱的な数字が並んだ。今季初の5連敗、ワーストの12失点、4カード連続での初戦黒星、そして3位転落。「見ての通り。長いシーズン、こういうときはある。流されるようじゃいけない。気持ちを切り替えて、全員で打破するということです」原監督は現実をしっかりと受け止め、言葉を紡いだ。
[PR]
by ysm-k | 2006-05-31 09:09 | 野球
高原2発!日本、ドイツとドロー

日本代表 2 - 2 ドイツ代表

高原が2点取ったんですね。
[PR]
by ysm-k | 2006-05-31 06:37 | サッカー
サッカー日本代表 応援サポーターズリング (リストバンド)  JFA オフィシャルグッズ

日本代表選手まで、メッセージ折り鶴を届けよう!!日本を応援する、みんなの気持ちをひとつにする。そんなシンボルを作りたいというサポーターたちの熱い想いから、サポーターズリングは生まれました。サポーターの想いを込めた千羽鶴をドイツの日本代表選合宿地・試合会場まで届けます。


サッカー日本代表応援サポーターズリング
[PR]
by ysm-k | 2006-05-26 12:00 | サッカー
石川、トップに並ぶ6勝目

◆ヤクルト13―4楽天(23日・長野) 石川が前回登板の17日に続く楽天からの白星で、リーグトップに並ぶ6勝目。6回途中3失点での勝利に「ラッキーでした。いつもより打ってくれた」と打線への感謝を口にした。

 5回までは無失点でしのいだが、6回に5連打を浴び降板。「いつも100球前後で崩れる。中継ぎに負担をかけているのでもっと投げたかった」と反省も忘れていなかった。
[PR]
by ysm-k | 2006-05-24 07:24 | 野球
成瀬 プロ初登板初先発で初勝利

<ロッテ5-4横浜>◇17日◇横浜ロッテの3年目左腕、成瀬善久が先発でプロ初登板し、7回途中3失点(自責2)でプロ初勝利を手にした。横浜高出身でスタンドには両親をはじめ、関係者も数多く陣取っていたという。横浜スタジアムは高校時代にもマウンドを踏んだ思い出深い球場。ヒーローインタビューでは「最高です。初めて(1軍で)投げて、親孝行ができて良かった」と笑顔を見せた。

 03年のドラフト6巡目で入団。今季イースタン・リーグで3勝1敗、防御率1・30の好成績をマークし1軍に昇格していた。先発が伝えられたのは15日で「やっと自分の番が来た」。20歳の新戦力の好投でチームは5連勝。首位西武に0・5ゲーム差に迫る2位タイに浮上した。
[PR]
by ysm-k | 2006-05-18 08:42 | 野球
今季初先発、巨人・西村が3勝目

巨人西村は今季初先発で7回途中まで5安打無失点。昨季の勝ち星を上回る3勝目を挙げた。

 7回無死一、二塁。1発を許せば同点の場面でカブレラへのカウントは0-3とするが「四球ならピンチが広がる。打たれてもいいから思い切っていこう」。直球を2球続け、最後は内角へのシュートで見逃し三振を奪う。ヤマを乗り越え、リリーフ陣にマウンドを託した。

 和田との投げ合いにも勝ち、ソフトバンクに連勝。原監督は「良く投げてくれた。1球1球に意思力があった。若い力はチームに活力を与え、財産となる」と喜んだ。
[PR]
by ysm-k | 2006-05-18 08:42 | 野球

W杯日本代表決定

サッカーワールドカップ、ドイツ大会に出場する日本代表選手23人が以下の通り決定しました。

▽GK 土肥洋一(東京)、川口能活(磐田)、楢崎正剛(名古屋)

 ▽DF 田中誠(磐田)、宮本恒靖(G大阪)、三都主アレサンドロ(浦和)、中沢佑二(横浜)、中田浩二(バーゼル)、坪井慶介(浦和)、加地亮(G大阪)、駒野友一(広島)

 ▽MF 福西崇史(磐田)、中田英寿(ボルトン)、中村俊輔(セルティック)、小笠原満男(鹿島)、稲本潤一(ウェストブロミッチ)、小野伸二(浦和)、遠藤保仁(G大阪)

 ▽FW 柳沢敦(鹿島)、高原直泰(ハンブルガーSV)、玉田圭司(名古屋)、大黒将志(グルノーブル)、巻誠一郎(千葉)
[PR]
by ysm-k | 2006-05-15 17:28
ソフトバンク、アップルと携帯で提携

ソフトバンクと米アップルコンピュータは日本での携帯電話機事業で提携することで大筋合意した。アップルの携帯音楽プレーヤー「iPod(アイポッド)」内蔵機を共同開発して年内にも発売する。ボーダフォン日本法人買収で携帯市場に参入したソフトバンクは、ブランド力の高いアップル製品を、NTTドコモとKDDI(au)に対抗する切り札とする。アップルは携帯電話機市場に参入し、世界で音楽配信と組み合わせた事業を展開する。

 ソフトバンクの孫正義社長とアップルのスティーブ・ジョブズ最高経営責任者が会談し、提携で大筋合意した。まず両社はiPod機能付き第三世代携帯電話機を共同開発する。携帯がそのままiPodになり、消費者は2つの機器を持たなくて済む。ソフトバンクとアップルの両ブランドを付けるとみられる。
[PR]
by ysm-k | 2006-05-13 14:28

松井秀、左手首骨折!

松井秀、左手首骨折!

米大リーグ、ヤンキースの松井秀喜外野手(31)は11日、ニューヨークのヤンキースタジアムで行われたレッドソックス戦で1回の守備中に左手首を骨折して退場し、巨人入団1年目の1993年シーズン途中にスタートした日米通算の連続試合出場が、10日のレッドソックス戦までの1768試合(日本1250、米国518)で途切れた。

 松井秀は左前安打となった飛球を滑り込みながら捕球しようとしたとき、グラブが芝に引っ掛かったような形で腕をひねった。左腕を固定し、救急車で病院に向かった。
[PR]
by ysm-k | 2006-05-12 11:50 | 野球
巨人延長サヨナラ負け、10カード目初の負け越し

◆阪神3X-2巨人=延長10回=(4日・甲子園) 巨人は2点を追う5回2死一、三塁、先発・上原自らの中前タイムリーで阿部が生還。続く清水の右翼線二塁打で小関が生還し同点に。6回、2死満塁のチャンスをつくるも小関は三振。7回にも2死満塁の好機をつくるが阿部が二ゴロに終わり好機を生かせないなど決め手に欠けた。

 守っては上原がアクシデントで5回で降板、その後救援陣が繋いだが、10回裏、福田が先頭打者の投手・久保田に四球を許したのを発端に、暴投をはさみ、矢野にタイムリーを浴びサヨナラ負けした。福田はプロ初黒星。巨人は今季10カード目で初の負け越し。
[PR]
by ysm-k | 2006-05-05 07:24 | 野球