スポーツネタを書いていくつもりです


by ysm-k

<   2006年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

高橋由伸、小野寺アナと結婚

巨人の高橋由伸外野手(30)が日本テレビの小野寺麻衣アナウンサー(30)と結婚したことが30日、分かった。29日に婚姻届を提出した。2人は6年前に知人の紹介で知り合い、4年前から本格的に交際していた。

 高橋選手は巨人を逆指名し、1998年ドラフト1位で入団。1年目から主力として活躍し、プロ8年間で打率3割を6度マークした。現在は選手会長。

阪神鳥谷も結婚!

阪神鳥谷敬内野手(24)が30日、沖縄・恩納村内のホテルで埼玉県在住の島田均さん(52=自営業)の長女裕子さん(24=家事手伝い)と結婚したことを発表した。

 昨年12月20日に入籍しており、会見では「昨年優勝することができましたし、今年は新たな気持ちで勝負したい」と決意を語った。裕子さんは鳥谷の母校である埼玉・聖望学園高野球部で1学年上のマネジャーだった。高校時代に知り合い、プロ3年目でゴールインした。
[PR]
by ysm-k | 2006-01-31 08:26 | 野球
ユニクロとダイエー提携発表

衣料品専門店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの柳井正会長と、大手総合スーパーダイエーの樋口泰行社長は26日、都内で記者会見し、衣料品分野で提携することで合意したと正式に発表した。両社は今後協力しながら「スーパーで売れる衣料品を定義し直していきたい」(柳井会長)と意欲を見せた。

 ファーストリテがダイエーで展開する低価格の新ブランド名については未定。しかし、「fun(楽しい)」というコンセプトで、これまでのユニクロとは違うキャラクターやデザインを採り入れていく計画を示した。
[PR]
by ysm-k | 2006-01-27 07:57
ネットで「あの頃」の給食メニューが買える

アルマイトの食器に先割れスプーン、「ミルメーク」や「揚げパン」「ソフトめん」etc……。小学校のとき、あなたは給食が楽しみだった派? それとも5時間目になってもまだもそもそと食べていた派? 今日はそんな究極の国民食、給食の話題です!

あげぱん屋 給食のおばさん』という、ネットで給食メニューの通販をやっているサイトがあるのをご存知だろうか。
[PR]
by ysm-k | 2006-01-26 07:12

堀江容疑者、社長辞任へ

<ライブドア>堀江社長ら逮捕

ライブドア(東京都港区)グループによる証券取引法違反事件で、東京地検特捜部は23日、同社社長、堀江貴文容疑者(33)らを同法違反容疑で逮捕した。特捜部は同日、堀江容疑者を初聴取。関連会社の株価をつり上げる目的で、会社買収などの際に虚偽の事実を公表した偽計や風説の流布の疑いについて、指示・関与や違法性の認識について説明を求め、立件は可能と判断したとみられる。今後、ライブドアの粉飾決算疑惑についても追及する。IT(情報技術)時代の寵児(ちょうじ)による事件は、重大な局面を迎えた。
 ほかに逮捕されたのは、財務担当の宮内亮治取締役(38)▽関連会社「ライブドアマーケティング」(LDM、港区)の社長を兼ねる岡本文人取締役(38)▽金融子会社「ライブドアファイナンス」の中村長也社長(38)ら。
 逮捕容疑は▽04年10月、LDM(当時はバリュークリックジャパン)が、情報誌出版会社「マネーライフ社」を株式交換で買収すると発表した際、実際には、既にライブドアが実質支配する「VLMA2号投資事業組合」が買収済みだったのに、これを隠して虚偽事実を公表した(偽計)▽同年11月、LDMの第3四半期の決算短信で、架空売り上げを計上して、本来は赤字だったのに黒字と虚偽公表した(風説の流布)疑い。

堀江容疑者、社長辞任へ

東京地検特捜部に23日逮捕されたライブドア社長の堀江貴文容疑者(33)が、ライブドア社長を辞任する見通しとなった。同日夜、複数の同社関係者が明らかにした。宮内亮治容疑者(38)ら同日逮捕されたほかの取締役も辞任する。後任トップには、ライブドアが04年に買収した会計ソフト大手「弥生」の平松庚三社長か、羽田寛・熊谷史人の両ライブドア取締役のいずれかが就任することで最終調整している。
[PR]
by ysm-k | 2006-01-24 08:27
岡部が3位、日本勢で史上最年長の表彰台

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプは21日、札幌市の大倉山ジャンプ競技場(HS134メートル)で個人第12戦を行い、トリノ五輪代表で35歳2カ月の岡部孝信(雪印)が3位に入り、日本勢で今季初の表彰台に上がった。岡部の表彰台は8季ぶり。国際スキー連盟のプレス担当者によると、原田雅彦(雪印)の3位(32歳7カ月)を更新するW杯史上最年長の表彰台という。
[PR]
by ysm-k | 2006-01-22 09:04
石井 ヤクルト決定、他2球団に断り

メッツからFAとなった石井一久投手(32)が17日、楽天、日本ハムに断りを入れ、古巣・ヤクルト復帰を決断したことが分かった。ヤクルトは交渉3球団の中で最低条件を提示していたが、ここにきて年俸2億5000万円に満額1億円のインセンティブ(出来高)上乗せを決定。2年総額7億円へ修正した条件を石井サイドに伝えていた。18日、メジャー39勝左腕の5年ぶりのヤクルト復帰が決定する。

 自ら決断リミットに設定した20日を前に、石井が心を固めた。関係者の話によると、環境面では楽天、日本ハムを圧倒していたヤクルトが条件を上積みして再提示。これを受けて石井はあらためて検討し、最終的に古田監督の下でプレーしたいという気持ちに従うことを決め、楽天、日本ハムに断りを入れた。
[PR]
by ysm-k | 2006-01-18 08:42 | 野球
宮崎勤被告、17日に最高裁判決

88~89年の連続幼女誘拐殺人事件で殺人などの罪に問われ、17日に最高裁で判決を言い渡される宮崎勤被告(43)=一、二審で死刑=が16日、臨床心理士との面会に応じた。面会は東京拘置所で約20分間。同被告は母親や弁護人以外との面会にほとんど応じていないが、「精神鑑定をしてもらいたいから」会ったと話したという。死刑の是非が争われている被告の、上告審判決前日の様子が明らかになるのは極めて異例だ。

 面会したのは臨床心理士の長谷川博一・東海女子大教授。昨夏から被告と文通してきた。面会は教授が1週間前に手紙で打診。13日に承諾の返事が届き、実現した。

 教授によると、被告は金縁のめがね姿。事件当時よりもかなりやせ、髪も薄くなっていたという。職員に背中を押されて面会室に現れると、「おどおどしておびえるような感じで」座った。面会中はずっと左手でほおづえをつき、やや下を向いたまま、一度も視線を合わせなかった。ボソボソとした話し方だが、はっきり聞き取れる音量だった。
[PR]
by ysm-k | 2006-01-17 09:16
李がロッテ電撃退団 巨人入り

昨季限りでロッテとの2年契約が切れた李スンヨプ内野手(29)がチームを電撃退団し、巨人入りすることが13日、分かった。昨年12月にはロッテ残留で基本合意していたが、12日夜に交渉は決裂。これを受け、ロッテは自由契約選手の手続きを取った。高橋由の故障や江藤の西武移籍など、V奪回の青写真が揺らぎ始めた巨人と守備機会を求めていた李の思惑が一致した。

 ロッテにしてみれば“寝耳に水”の退団劇だ。李の代理人を務める水戸重之弁護士から「李を保留者名簿から外してほしい」と書かれたファクスが届いたのは12日夜。このため、瀬戸山球団代表は急きょ都内で同弁護士と会い、説明を求めたが「事情は聞かないでほしい」と言われたという。この席でロッテ側は再度、出来高を含む総額2億5000万円の単年契約を提示し、残留を説得。しかし、約20分間の話し合いは不調に終わり、この日になって自由契約とする手続きを取った。
[PR]
by ysm-k | 2006-01-14 11:29 | 野球
大友愛ができちゃった結婚

バレーボール、Vリーグ女子のNECは13日、日本代表の大友愛選手(23)(NEC)が、ビーチバレーで活躍する山本辰生選手(29)(ビーチウインズ)と結婚したと発表した。

 NECによると、大友選手は現在妊娠2カ月で、Vリーグの今季残り全試合を欠場する。
[PR]
by ysm-k | 2006-01-13 21:26
まるちゃん、初のドラマ化 実写になる 「ちびまる子ちゃん」15周年記念


長寿人気アニメ「ちびまる子ちゃん」が、放送15周年を記念してフジテレビで実写ドラマ化されることが11日、分かった。まるちゃんが実写化されるのは初めて。500人を超えるオーディションから「まる子」役に選ばれたのは、森迫永依(8つ)。原作者のさくらももこさん(40)も「ぴったり」と太鼓判を押すハマり役だ。4月(日時未定)に2時間スペシャルとして放送される。

 「ちびまる子ちゃん」が“実物”になってお茶の間に登場する。フジでは2年前に実写化を検討したが、まるちゃんにふさわしい子役が見つからず断念。しかし、06年1月にアニメが放送15周年を迎えたことから、再び実写化プロジェクトが動き出した。

 500人を超えるオーディションから、まるちゃん役を射止めたのは、子役として活躍中の森迫。浅野澄美プロデューサーは「子供らしいかわいさがありながら、大人と対等に会話することができた。この子なら、原作のあのキャラクターを自然に演じられると思った」と説明。またランドセルを背負った時にランドセルが大きいという印象になる123センチの身長も決め手に。原作者のさくらさんも、以前CMで見た森迫のことを覚えており、「まる子にいいなあ」と思っていたという。

 まる子の家族も個性的な配役が並んだ。まる子の一番の理解者である「おじいちゃん」にはモト冬樹(54)が、「お父さん」は高橋克実(44)が演じる。ともに頭髪のさみしい2人だが、ドラマではカツラを装着する。

 さらにお母さんは清水ミチコ(45)、おばあちゃんには市毛良枝(55)、まる子の小学校の担任・戸川先生役は、アニメの大ファンを公言する笠井信輔アナ(42)が決定。また、まる子の親友・たまちゃんには、フジ系ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」で草ナギ剛(31)の娘役を演じた美山加恋(9つ)が、森迫と絶妙なコンビネーションを見せる。

 3本のオムニバス形式の実写ドラマは、10日にクランクイン。フジでは、アニメや漫画の世界観を再現したドラマを目指しており、まる子ファンの期待を裏切らない作品になりそうだ。

◆「よくぞいた!ぴったり!」

 〇…原作者・さくらさんもドラマ化に大乗り気。「森迫さんは、ちっちゃくてまるくて、私の考えているまる子のイメージにぴったりでした。まる子のクラスメートも、よくぞいて下さったと思うようなキャラクターにぴったりの方々です」。ドラマの3本のオムニバスのうち、1本の脚本を自ら執筆した。「楽しいことや気持ちのすれ違いや人とのつながり、誰もが心当たりのある日常のお話で、楽しんでいただけたらうれしいです」と話している。
[PR]
by ysm-k | 2006-01-12 13:54