スポーツネタを書いていくつもりです


by ysm-k

カテゴリ:野球( 224 )

◆中日5―9巨人(1日・ナゴヤドーム) 巨人が執念の逆転勝ちで、史上初のプロ野球通算5000勝に王手をかけた。4点を追う6回に2点を返すと、7回に代打・矢野の同点1号2ラン、小笠原の決勝適時二塁打など、打者9人の猛攻で4点を奪い、ひっくり返した。中日から昨年FAで入団した野口は、6回1イニングを2奪三振を含む無安打無失点で古巣相手に移籍初勝利。9回は連投の上原が3人でピシャリと抑え、巨人に「新・勝利の方程式」が完成した。5月に入っても強い巨人が一気にメモリアル勝利を狙う。

   1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
巨人 0 0 1 0 0 2 4 1 1 9
中日 0 0 3 0 2 0 0 0 0 5
勝利投手 [ 巨人 ] 野口(1勝0敗0S)
敗戦投手 [ 中日 ] 石井(1勝1敗0S)
[本]矢野1号2ラン(石井・7回)

バッテリー [ 巨人 ] 福田、野口、会田、林、上原 - 阿部
[ 中日 ] 山本昌、石井、浅尾、高橋 - 小田、清水将
[PR]
by ysm-k | 2007-05-02 07:58 | 野球
ソフトバンクの斉藤和巳投手(29)が26日、右肩疲労のため出場選手登録を抹消された。同投手はこの日、王貞治監督(66)に登録抹消を申し出、了承された。斉藤和は「長い時間はかけたくないが、場所が場所だから中途半端な状態で戻ってきても仕方がない」と語り、長期離脱を示唆した。

 今季は5試合に登板して1勝1敗、防御率3・56と不調。福岡市内の病院でMRI(磁気共鳴画像装置)検査などを受けたが炎症などは発見されなかった。白髪邦雄チーフトレーナーは「球に力が伝わらない状態。無理して投げれば痛みになるし、選手生命にかかわる」と説明した。原因が不明のため、復帰のメドは立っていない。王監督は「7、8、9月が勝負だから」とし、エース不在が長期化することも視野に入れていた。
[PR]
by ysm-k | 2007-04-27 08:17 | 野球
2008年北京五輪を目指す野球の日本代表の星野仙一監督(60)が20日、巨人・内海について、「筆頭候補に入るんじゃないか」と日本代表候補の“内定”を出した。この日、テレビ解説のため阪神・巨人戦(甲子園)を視察。今季は開幕投手を務め、負けなしの3勝を挙げている25歳の若きエースを絶賛した。

 この日も9回を投げ切り、抜群の安定感。「うまくピッチングができている。変化球でストライクが取れるようになって幅が広がった。代表候補? 最初からな」と高評価。「若い選手を選びたい」という日本代表候補の条件にも、まさにうってつけの存在だ。

 また、代表入りを熱望する阪神・矢野については「レギュラークラスの捕手は少ないんだから当然でしょう」と話し、サヨナラ打を放った狩野については「一躍、(代表)候補になったな」とたたえた。
[PR]
by ysm-k | 2007-04-21 08:24 | 野球
横浜が2005年に入団した那須野巧投手(24)に、最高標準額を超える5億3000万円の契約金を支払っていたことが11日、分かった。球界関係者が明らかにした。西武の裏金問題で揺れる球界のルール違反が他球団にも拡大した。

 那須野投手は2005年に日大から自由枠で横浜入り。12日発売の「週刊文春」が、同投手への5億3000万円の契約金支給を伝え、球界関係者は記事内容を認めた。同誌は、契約金のうち3000万円が日大監督に渡ったとも報じているが、プロ側はその件は関知していないとしている。
[PR]
by ysm-k | 2007-04-11 14:15 | 野球
<ロイヤルズ1-4レッドソックス>◇5日(日本時間6日)◇カウフマンスタジアム

 レッドソックス松坂大輔投手(26)が7回1失点10奪三振の見事な内容でデビュー戦を白星で飾った。

 公約通りストレートで松坂のメジャーが始まった。1番デヘススに対して初球を真ん中付近に150キロの直球を投げ込みファウル。3球目を中前に運ばれ、さらに四球で1死一、二塁のピンチを招いたが4番ブラウンを投ゴロ併殺に打ち取り無失点で切り抜けた。

 2回から4回までは3イニング連続3者凡退。特に4回は2、3、4番の中軸を3連続三振に打ち取る圧巻の内容で、4番DHブラウンの2球目では154キロを計測した。

 2点リードの6回にデヘススに1発を浴びメジャー初被弾で1点差と迫られたものの、6回2死から再び3連続Kを記録、7回を投げ終えて1点リードしてマウンドを降りた。その直後の8回にレッドソックスは2点を追加して試合を決めた。

 松坂は108球を投げて1失点、被安打6、四球1、奪三振10の内容だった。
[PR]
by ysm-k | 2007-04-06 07:14 | 野球
巨人の開幕1軍争いに生き残った13投手が27日、東京ドームの全体練習に参加。首脳陣は、ソフトバンクから新加入の吉武から、不動のセットアッパーに成長した林、そして、ストッパー・豊田とつなぐ必勝リレーの構想を固めた。

 尾花投手総合コーチが「実戦を想定して戦う」としていた17日の楽天戦(東京ドーム)以降の勝ち試合は主に吉武、林、豊田の3人が救援してきた。原監督もこの日、「後ろはオープン戦を見てればね。それで理解して下さい」と説明。リリーフ陣が安定せず、4年連続でV逸してきた悪夢を、新・勝利の方程式が打ち払う。
[PR]
by ysm-k | 2007-03-28 09:05 | 野球
新外国人2選手が28日に来日し、東京・大手町の球団事務所でそろって記者会見に臨みました。会見したのは米大リーグのコロラド・ロッキーズから来たルイス・ゴンザレス内野手と、タンパベイ・デビルレイズのデーモン・ホリンズ外野手です。

 ゴンザレス選手は昨年、打率.242。内野に加え、外野も守れます。ゴンザレス選手は「巨人は日本でもっとも歴史があり、有名でファンが多いと聞いており、プレーできることを誇りに感じる。ファンに自分の力を100%見せたい」と語りました。

ホリンズ選手は昨年、121試合に出場し、打率.228、15本塁打、33打点をマークしています。
会見では「巨人がチャンピオンチームに戻れるようがんばりたい。試合では与えられた要求に何でもこたえられるところをみせたい」。

日本野球についての質問で、ゴンザレス選手「日本の投手は小技で攻めてくるので注意したい」。来日前に同じベネズエラ出身のカブレラ選手(西武)からいろいろとアドバイスをもらったということです。

 同じ質問にホリンズ選手「一番大事なことは心を開いてすべてを受け入れること。細かいことは気にせず、できることに全力を尽くすこと」。

清武代表は、「ゴンザレス選手には打率と守備を、ホリンズ選手には一瞬のうちに状況を変えるような豪打を期待している。巨人の再生へ向け、活躍してほしい」。
[PR]
by ysm-k | 2007-01-29 12:24 | 野球
AP通信は28日、ポスティングシステム(入札制度)でのメジャー移籍を希望する井川慶投手(阪神)との独占交渉権を、ニューヨーク・ヤンキースが獲得したと報道。落札額は2500万ドル(約29億円)。

 最高応札球団となったヤンキースは、井川との30日間の独占交渉権を獲得。期限である12月28日までに両者の交渉が合意に達すれば、ヤンキースによる阪神への送金などの手順を踏んだ上で、正式に「ヤンキース井川」が誕生する。

 日本時間28日午前に締め切られた井川の入札に対し、阪神は最高入札額を受諾すると発表。落札球団名は日本時間29日、日米同時で公表する予定となっている。

MAJOR.JP
http://www.major.jp/news/news20061129-18767.html
[PR]
by ysm-k | 2006-11-29 09:27 | 野球
日本ハムからFA宣言した岡島秀樹投手(30)のメジャー移籍が濃厚であることが15日、分かった。現時点で国内球団を選択肢から外し、夢だった米球界挑戦をする決意を固めた。米球団との交渉窓口であるピーター・グリーンバーグ氏の事務所の中西剛氏は「球団名は今は言えないが、5球団が獲得にきている」と現状を説明した。貴重な左のセットアッパーは今季は55試合で54回2/3、防御率2・14をマークし、評価が急騰した。
 同氏によれば、すでにメジャー契約も「確実にとれる。そういうオファーを受けている」と手応えをつかんでいる。縦に割れる大きなカーブと、今季推定年俸6400万円と割安なため人気が上昇。在京を希望している国内球団以上のオファーを受ける可能性が高く、生活環境など考慮しながら移籍先を絞っていく。
(日刊スポーツ) - 11月16日9時44分更新
[PR]
by ysm-k | 2006-11-17 08:29 | 野球
巨人の仁志敏久内野手(35)と横浜の小田嶋正邦内野手(27)プラス金銭での交換トレードが成立し、6日に両球団から発表された。出場機会を求めて移籍を志願していた仁志に対して巨人が受け入れ先を調整し、合意に達した。

 仁志は「感謝している。横浜ではチームの底上げの力となり、もう一度上を目指したい」と意気込みを語った。巨人の清武英利球団代表は「チームを立て直すために、血の入れ替えは必要だ」と話した。

 仁志は茨城・常総学院高―早大―日本生命を経て、1996年に巨人入り。1年目から主力として活躍したが、今季は64試合に出場し、打率1割8分5厘だった。

 小田嶋正邦内野手「急な話なのでびっくりした。初めてのチーム、初めてのトレードなので不安もあるが、野球をやることには変わりないので、自分のやるべきことをやるだけ」

 横浜・大矢明彦監督「今年のベイスターズは二塁手に苦しんでいたし、それが最下位になった原因だと思っていた。仁志はフットワークが良く、シャープな動きができるガッツある選手。期待している」
[PR]
by ysm-k | 2006-11-07 11:04 | 野球