スポーツネタを書いていくつもりです


by ysm-k

早大が3連覇 斎藤は15奪三振で初完封 東京6大学

東京六大学野球の秋季リーグ戦最終日は30日、神宮球場で早大・慶大3回戦が行われ、早大が序盤の集中打と機動力で3連投の慶大・加藤幹(4年・川和)を攻略して快勝、3季連続40回目の優勝を果たした。早大先発の斎藤(1年・早実)は、15奪三振の好投で初完封。春秋連続の最多勝タイとなる4勝目を挙げ、防御率0.78も断然1位の活躍で、通算30勝を挙げた加藤幹を抑え、2季連続でベストナインも射止めた。最終順位は2位が明大で慶大は3位。法大4位、立大5位、東大6位となった。

 首位打者は早大の田中幸長(4年・宇和島東)が56打数22安打(打率3割9分3厘)で獲得。毎日新聞社からブロンズ・トロフィーが贈られた。田中幸は本塁打、打点でもトップで01年春の鳥谷敬(早大-阪神)以来、戦後12人目の打撃3部門トップの成績を記録。
[PR]
by ysm-k | 2007-10-31 08:10 | 野球