スポーツネタを書いていくつもりです


by ysm-k

レッドソックス、3年ぶり7度目の世界一!…ワールドシリーズ

レッドソックスが4連勝で4年ぶり7回目のワールドチャンピオンに輝いた。1回、オルティスの適時打で先制すると、その後もローウェル、キルティの本塁打などで加点。8回に岡島秀樹投手(31)が2ランを被弾したが1点差で逃げ切った。MVPにはマイク・ローウェル内野手(33)が選ばれた。
ロッキーズ松井稼頭央内野手(32)は「1番二塁」で先発出場。第2打席で左二塁打を放ったが、4連敗で涙を飲んだ。

レッドソックス・フランコーナ監督「ベテランが若手のように働き、若手はベテランのように落ち着いてプレーした。簡単ではなかったが、やり遂げて満足している」

 ロッキーズ・ハードル監督「この4試合すべてで、われわれ以上に相手の方がやるべきことをやったということ」

レッドソックス・松坂大輔投手「2月のフロリダに始まり、長かったですけど、(優勝に)たどり着けてよかった。負けそうでも負けない、本当に強いチーム。ここにいられて幸せです。応援も力になった。たくさんの人に感謝したい」

レッドソックス・岡島秀樹投手「本当に長い1年だった。最後はいっぱいいっぱいだった。気持ちで抑えたかったけれど(2試合連続本塁打を浴び)悔しかった。でも来年に向けての課題ができたと思う」

 ロッキーズ・松井稼頭央内野手「この悔しさを十分感じて、来年しっかりやっていきたい。最後までユニホームを着られて感謝もあるし、チームとして負けた悔しさもあります。いろんな1年でした」
[PR]
by ysm-k | 2007-10-29 22:03 | 野球